外壁塗装で壁の色が明るくなり建物が見違えるほど綺麗になった

色見本を見て外壁の色を決め仕上がりにも満足

プロが選ぶ外壁塗装の色はこちら【プロが教える!】色選びを失敗しないポイント!

高原の中古別荘を購入して修繕工事 | 2回目で良い業者を見つけることができた | 色見本を見て外壁の色を決め仕上がりにも満足

外壁は標準11とそのバリエーション4種類の系44色から選ぶことができ、色見本の用紙を郵便で送ってもらっていたので、屋根や外の景色などを考えて選択していきます。
壁に塗られた塗装の色は、この見本よりも塗ると明るめの仕上がりになるようなので、そのあたりも考慮しながらお願いしました。
壁は下塗り・中塗り・上塗りの順で塗られていき、直接は見られなかったのですが、壁の塗られていく様子はメールの添付写真で毎回見せてもらっていたので、今どのような過程が行われているのか分かりやすかったです。
仕上がりもとても綺麗で満足することができました。
経年劣化によってできてしまったひび割れのコーキング処理や戸袋塗装はサービスで行ってくださいました。
最終的には見違えるほどに綺麗な状態に蘇り、補修をしっかりとしてもらったうえで、外壁の仕上がった状態に納得がいきました。
外壁塗装は家の雰囲気を明るくし、風や雨などによる劣化を防いでくれる重要な役割を持っています。
また、自分で壁の色を選ぶことによって、建物への愛着も増す作用もあると思いました。